twitter.comでフォロワー外のツイートに返信ボタンを出さないようにする

2017年1月7日 23時27分 スルメ Twitter

鍵垢だとフォロワーじゃない人にリプライ送ってもDJDJ…(届かぬ思い)になるので、できれば届かぬ思いはしたくないですよね。

そんなあなたに。

続きを読む

~/.ssh/configの書き方

19時40分 スルメ Linux, Mac

~/.ssh/configの書き方のメモ。

続きを読む

macOSでSSHのサーバーをマウント

19時19分 スルメ Mac

macOSでSSHをマウントしたかったので、その手順のメモです。

1. ダウンロード

https://osxfuse.github.io/

ここからFUSE for macOSとSSHFSをダウンロードしましょう。

続きを読む

Linuxを使っていてすべてのマウスを無効化してしまったときの対処法

2017年1月5日 17時54分 Reiju Linux

マウスの設定をいじっていて、マウスとトラックパッドのどちらも無効化してしまった。下記の対処法を、今後のためにも記事として残しておく。

  1.  xinputを入れる
    • debian系ならxinput、ArchLinuxならxorg-xinputをインストールします
  2. xinput listを実行して、自分のマウスのIDを知る
  3. xinput enable <ID>

やったね!

iOSアプリ開発で実機だけクラッシュ→DerivedDataを削除で解決!

12時02分 スルメ Xcode

iOSアプリ開発をしていたら、

みたいなエラーが実機だけ出ていた。

いろいろ試してみたけどだめだったんだけど、~/Library/Developer/Xcode/DerivedDataをまるごと削除したらうまく行った。

なんかよくわからんエラーで詰まって30分しても解決できなかったら、今度からはまずここを削除してみよう・・・

twitter.comをカスタムCSSで便利に

2017年1月3日 21時00分 スルメ Twitter, カスタムCSS

カスタムCSSをtwitter.comに適応して、サードパーティクライアントレベルのミュート機能とかを実装する。
カスタムCSSはなんかいい感じに読み込ませてください。

Chrome系使ってるならこういうのとかいいかも(インストールは自己責任で!)
続きを読む

Xcodeを使ってどのMacでもTouch Barを出す方法

10時17分 スルメ Mac

Touch BarがついていないMacでも、ウィンドウとしてタッチバーを出す方法を紹介します!

続きを読む

2016年の締め記事, by Reiju

2016年12月31日 23時44分 Reiju お知らせ, ポエム

こんばんは。VPSの管理をしているReijuです。年の終わりということで、記事を書きます。

みなさんの一年はどんな期間でしたか。新しいことに挑戦した?微妙?それとも最高だった?

一人ひとりに、一つずつの価値のある一年だったと思います。

受験組は年が明けてすぐ受験本番が待っていて、

就活はうまくいくのか、今年も無事に生活できるか、安定した生活を手に入れられるか…

ある一日が面倒でも、365回寝れば一年の大きな区切りが挟まれます。

すぐに目新しいことに取り組まなくても、時間はゆっくり過ぎていきます。でも、いつかは本気になる時間が絶対に訪れます。

来年もすばらしい一年になるように、読者の方々に、心から祈ります。

当ブログ、及びgakupuro.comその他関連Webサイトをご利用いただき、誠にありがとうございました。

2016/12/31 23:45 Reiju

 

2016/12/31 23:49 スルメ追記: カテゴリを”お知らせ,日記”から”お知らせ,ポエム”に変更しました。

【2016年12月版】Misskey APIの叩き方

2016年12月25日 15時51分 スルメ Misskey

misskey.xyzがいつの間にか新しくなったのでMisskeyAPIの叩き方を紹介します!

続きを読む

kyoppie等での(内部的な)セキュリティ向上のお知らせ

2016年12月24日 22時20分 スルメ お知らせ

kyoppieなどの一部のサービスで、CloudFlareと当サーバー間の通信をHTTPSで保護するようになりました。

これにより、CloudFlareと当サーバー間に攻撃者が何らかの手段で介入しても、HTTPSで送信されたパスワード、アクセストークン、セッションなどが見られることがなくなるはずです。

(以前までは、ブラウザーとCloudFlare間でのみHTTPSで保護されており、CloudFlareと当サーバー間は暗号化されていない平文HTTP通信でした)

また、準備ができ次第、CloudFlareを利用せず、当サーバーとブラウザーが直接HTTPS通信をするようにする予定です。