ThunarでOpen with Code

2016年8月6日 08時30分 スルメ Linux, VSCode

WindowsやMacにはVSCodeをインストールするとエクスプローラーやFinderで右クリックでOpen with Codeというべんりなメニューが使えるようになるのだが、Linuxにはないので追加した。

環境はArchLinuxで、Visual Studio CodeはAURから導入したもの。

ちなみにAURのVSCodeは昨日のアップデート(1.4.0)からコマンド名がvisual-studio-codeからcodeに変わっているので注意。

さて、まずはThunarで適当なフォルダを開いて編集→アクションの設定をクリック。

(何故かスクリーンショットが取れなかった)

そうしたら以下のようなウィンドウが出てくると思うので、右上の+ボタンをクリック。

2016-08-06_08-24-35

すると以下のようなウィンドウが開く。

2016-08-06_08-25-45

名前はOpen with Code、説明は適当に、コマンドは/usr/bin/code %f、アイコンは未分類のアイコン→visual-studio-codeでいいだろう。

次は登場する条件だ。これはまあ自分の好みに合わせてでいいだろう。

ちなみに、僕はフォルダーだけにした。

2016-08-06_08-28-54

これでOKを押して、ウィンドウを閉じたらおわり。

適当なフォルダで右クリックして、Open with Codeが機能することを確かめよう。