vanitygenを金で殴る

2017年5月31日 18時11分 スルメ Bitcoin

vanitygenを金で殴ります。

はじめに、金で殴るならAWSでGPGPUしたほうが効率がいいらしいので、AWSを使える人はそっちを使ってみてください。私は使えないので、CPUのコア数で殴ります。

今回はConoHaの最上級プラン、24コア/メモリ64GBのプランを借りました。68.8円/時。メモリ32GBのほうでも良かったかもしれない。

ちなみにこのプラン、SSDよりメモリのほうが容量が多いです。

ぶっちゃけ言ってvanitygenはメモリをあまり使わないので、これマジ?CPUのコア数に対してメモリが少なすぎるだろ・・・って感じのプランが有るサーバーなら普通にそっちを使ってもいいと思います。メモリ4GBもあれば足りるはず。

掘るときの注意点ですが、お金がドブに捨てるほど余ってるという人でなければ、なるべく高速化をした方がいいと思います(そもそもCPUを使うよりGPGPUしたほうが効率がいいのですが)。

まず、vanitygenに-t CPUのコア数 -iというオプションを付けると、だいぶ早くなります。

-tオプションはスレッドを指定するオプションで、指定された数だけ生やします。

-iオプションは大文字小文字を気にしないオプションで、大文字小文字にこだわりがないならこのオプションを指定すると超早くなります。

以上。

おまけ:Ubuntu 16.04のConoHaのテンプレートからVanitygenをビルドするのに必要だったライブラリはlibpcre3-devlibssl-devです。多分(うろ覚え)

おまけ2:速度は4M~6Mkey/sくらいでした